​試験装置

最新のアクチュエータを駆使して(脱油圧)、脱炭素社会に貢献して参ります。

            

         試験用途に合わせて、最適なシステムをご提案させて頂きます。

​使用するアクチュエータ

リニアモータ     

​             ・振動、衝撃試験等

             ・最大周波数(~50㎐)

             ・試験体最大重量 数十トン

             ・正弦波、三角波、矩形

 

電動油圧アクチュエータ 

             ・耐久試験等

             ・圧力、変位制御

             ・最大周波数(~3㎐)

             ・正弦波・三角波・矩形波

​               ※写真提供 ㈱南武様

 

 

 

単軸テーブル+ACサーボモータ    

             振動、揺動試験等

             ・最大周波数(~5㎐)

             ・正弦波・三角波・矩形波​ 

  ※最大周波数は目安です。振幅・負荷・負荷イナーシャによって

​    変わります。

DDV単体.jpg
jMyh6DXQ.jpeg
CIMG0938.JPG

電動油圧アクチュエータとは

電動油圧アクチュエータとは、電動モータ・油圧ポンプ・油圧シリンダ組み合わせた

最先端のアクチュエータです。

電動モーターで油圧ポンプを駆動し、油圧シリンダを動作させます。

E-ZERO構成.jpg

<電動油圧アクチュエータ>

e-zero合体.jpg

※資料提供は㈱南武様より

■特 徴​

小さなユニットで大きな力を出力します。

 

②必要なパワーを、必要な時だけ出力。 省エネに大きく貢献します!

リアルタイムフィードバック制御により、変位・荷重もタイムリーに補正。

  (位置決め精度_±5μm以内)

  (荷重制御性_±1%以内)

​④圧力・変位の正弦波駆動もOK!

作動油も少量でOK。

​⑤低騒音設計

配管レスの為、ユニットがコンパクト。

⑦電動油圧アクチュエータは、お客さの仕様に合わせて設計致します。(自由設計)

​⑧簡単操作。操作ソフトウエアも用途に合わせて製作します

1020x450-usnavy-crop-01.jpg
トライポロジー自動画面.jpg

​代表的な使用例

※下記装置・システムに関しまして、NDAの順守の為、お客様のお名前は
​ 明記しておりません。

リニアモータ使用例
振動(衝撃)試験機

リニアモータ単体_小.jpg

■リニアモータ3軸同期制御による衝撃試験

①試験体形状: 長物20m

②試験体重量: 約2t

③波形   : 正弦波

④周波数  : 2~10㎐(ログスイープ) 

        精度±2%

​⑤振幅   : 5~10mm

​        精度±5%

​        フィードバック分解能1μm

⑥テスト時間: 18分

​⑦制御方式 : マスタースレーブ制御による

​        3軸同期制御。

振幅5mm、10㎐で動作中

電動油圧アクチュエータ使用例
耐久試験機(圧力制御)

DDV単体テスト中②.jpeg

■電動油圧アクチュエータ2軸同期圧力制御

①試験体形状: 自動車部品 箱もの

②波形   : 正弦波

③荷重   : 80KN

​        精度±1%

④周波数  : 0.5~2㎐ 

        精度±2%

​⑤変位可変幅: 1~3mm

​        フィードバック分解能1μm

⑥テスト時間: 最大72時間

​⑦制御方式 : 追尾制御+2軸同期制御

​        

​シリンダ単体テスト中

電動油圧アクチュエータ使用例
トライポロジー(摩擦摩耗試験)

トライポロジーメカ基本構成部.jpg

■車用オイル摩擦摩耗試験

①試験体:車用オイル

②上側モータ:5kw(回転のみ)

③制御方法:上モータ回転スピードに同期し

      て、下電動油圧アクチュエー

      タの圧力をコントロール。

​④試験目的:摩擦による熱・発生するガス等

      計測・解析を行う。


​せ​摩擦摩耗試験機用ソフトウエア
トライポロジー自動画面.jpg

単軸テーブル+ACサーボ使用例

振動(揺動)試験機

CIMG0938.JPG

■ACサーボモータ11KW(60CPM)揺動試験

①試験体: 油圧用ホース

波形: 正弦波

③振幅: 最大50cm

​     精度±1%

④テスト時間: 10~30日(連続)

​➄制御方式 : 1軸正弦波

​試験体接続部
CIMG0876.JPG