検査装置01.jpg
検査装置
実装前プリント基板・各種マスク基板・ウエハー等々

完全CAD比較
AIによる確実な疑似エラーの排除
​低コスト
<弊社によるAI化のメリット>
①AIプラットホームから全て自社開発
②検査ソフトウエア・エンジンも全て自社製
③検査ソフトウエアの製作経験も豊富
④自由にカスタマイズ
だから
①確実な検査
②疑似エラーからの解放
​③低価格
P1000804.JPG
​画像処理検査を構築するうえで重要な事

①​検出するNGのサイズ・物性から、カメラ・レンズを選択します。(カメラ画素数・レンズ倍率)

②次に最適な照明を選ぶ。

③最大検査エリア・要求検査時間等を考慮して、メカ構成を選択

​弊社は、①~③全てのサポートをさせて頂きます。​

​装置種類

標準品として、下記のような3種類のメカを用意しております。​

※​特注品対応も行っております。お気軽にご相談下さい。

卓上型小.jpg

■卓上型

①低価格

②XYZ(ステップモータ)

③最大ワークサイズ:横400×縦440(mm)

​④最大検査エリア:300×300(mm)

⑤推奨カメラ:2M,5M

⑥最小検出NG:2Mカメラ(20~25μm)

         5Mカメラ(12~15μm)

片受ガントリー小.jpg

■片受ガントリ

①低価格

②XYZ軸(ステップモータ)

③最大ワークサイズ:横800×縦800(mm)

​④最大検査エリア:600×600(mm)

⑤推奨カメラ:5M,12M

⑥最小検出NG:5M(12~15μm)

​        12M(6~8μm)

リニアガントリ小.jpg

■リニアモータ ガントリータイプ

①とにかく検査時間。(検査時間を1秒でも早く。)

②X1,X2,Y軸(リニアモータ)、Z軸(ステップモータ)

③最大ワークサイズ:横800×縦800(mm)

​④最大検査エリア:600×600(mm)

⑤推奨カメラ:12M,45M

⑥最小検出NG:12M(6~8μm)

​         45M(3~5μm)

■特注品製造風景​

P1000794.JPG
小P1000800.jpg
P1000804.JPG